ポルシェは2019年、販売台数が10%上昇

2019年、ポルシェAGは累計280,800台を販売し、2018年より売上げは10%上昇となった。特に需要が高いのはカイエンとマカンであり、なかでもカイエンの販売は最も強力な要因となり、92,055台を売り上げた(29%上昇)。2019年ポルシェはカイエンクーペ、カイエンターボハイブリッドを発売。マカンは99,944台を販売し、前年比16%の上昇であった。

「この素晴らしい結果は私たちのスポーツカーに対する世界中の顧客の期待を示しており、新しいアプローチでブランドの魅力と顧客体験をさらに強化できたことを誇りに思っています。」ポルシェAGの社長であるデトレフ・フォン・プラテンは述べている。 「2020年においても高いレベルの需要を維持できると見込んでいます。また、多くの新しいモデルとタイカン向けのフルオーダーブックは特に注目を集めています。」

国内市場および欧州市場全体で、ポルシェは2019年に最も強い成長を生み出し、それぞれの市場でプラス15%になった。 ドイツででは31,618台、ヨーロッパ全体では88,975台が販売された。 ポルシェは、中国とアメリカという巨大市場においても売上げ増を達成した。 中国では、86,752台の自動車が顧客に引き渡され、2018年と比較して8%増加した。米国では、ポルシェの配送台数は8%増加して61,568台となった。中国とアメリカにおけるスポーツカー市場の成長が弱まってきていると言われるにも関わらず、である。また、 116,458台のポルシェがアジア太平洋、アフリカ、中東地域の顧客に届けられ、2018年と比較して7%の増加であった。

カイエンクーペターボGT、テスト走行

新しい年が幕を開けて早速、ポルシェのエンジニアはスウェーデンで新しいプロトタイプのテストを行なっている。それはカイエンのスポーツバージョン、カイエンクーペターボGT。このプロトタイプは後部中央に全く新しい排気システムを備えている。

このカイエンクーペは前方からみると既存のモデルとほぼ同様に見えるが、後部の中央に新たに装備された黒い排気システムが見える。なお両サイドにある排気口はフェイクで、排気していないため雪で白く覆われている。

このモデルのためにパワートレインが改良され、カイエンターボS Eハイブリッドのパワートレインの670 hp(500 kW)から、出力をさらに約820hp(612kw)に引き上げる予定であり、このモデルがランボルギーニウルスの4.0リットルツインターボV8を超えるだろうというレポートもある。さらに、パフォーマンスSUVには、スポーツバージョンのサスペンションが搭載され、オンロードでのパフォーマンスが向上。ブレーキのアップグレードも見込んでいるという。

この強力なパワーを持つカイエンクーペがいつ到着するのかは現段階では判明していない。ポルシェには、2020年にデビューするターボやタルガを含む911のバリエーションが多数あるが、このモデルも2020年中に公式発表されるのではないかと予想されている。

出所:https://www.motor1.com

ポルシェデザイン、新しいノートブックPCウルトラワンを発表

2020年1月からポルシェデザインは新しいノートパソコンを販売開始する。

超軽量で、ハイパフォーマンス、美しいデザイン、そしてパワフルなサウンドシステムを備えたポルシェデザインウルトラワン。 厚さわずか13.8ミリメートルで、現在、市場で最も薄い15.6インチのラップトップである。

車両の軽量化に用いられるマグネシウムハウジング合金を素材とすることで、15.6インチであるにもかかわらず、わずか約1,500グラムという軽さを実現している。

サウンドシステムは、Harman /Kardon®と共同開発。 キーボードの両側にあるスピーカーも、重厚で迫力あるサウンドエクスペリエンスを提供する。 スマートな内蔵マイクにより、Cortana音声アシスタントを使用できる。 ロック解除は指紋センサーを使用しており、高い安全性とイージーアクセスを確保している。

ウルトラワンのプロセッサは、インテル®Core i7 8500Y Prozessor(価格1,995ユーロ) または、インテル®Core i5 8200Y Prozessor(1,495ユーロ)から選択可能。

仕様は以下のとおりである。

•15.6フルHDマルチポイントタッチスクリーンディスプレイ

•Harman /Kardon®サウンドシステム

•音声アシスタント

•指紋センサー

•サイズ:359 x 249.5 x 13.8mm

•マグネシウムハウジング

•重量:約1,500グラム

•Windows 10ホーム

•Wifi + Bluetooth 4.2

•接続オプション:USB:2 x USB A、2 x USB C、HDMI、オーディオ3.5mm

•10ポイントマルチタッチディスプレイ

タイプ992初の限定モデル「Belgian Legend Edition」を発表

2019年1月1日、伝説のレーシングドライバー、ジャッキー・イクスは75歳の誕生日を迎えた。これを祝って、ポルシェとベルギーのポルシェ輸入業者「D’ieteren」は、イクスに911カレラ4S「ベルギーレジェンドエディション」を贈った。

911カレラ4Sベルギーレジェンドエディションのカラーは、ジャッキー・イクスの有名なヘルメットの色「X Blue」となっており、ドライバー側のBピラーにベルギー国旗とジャッキー・イクスのサインがエンボス加工されている。

「X Blue」は、20/21インチカレラクラシックホイールにも採用されている。また、Porsche Exclusive Manufakturによるホイールにはヘルメットのバイザーと同じように、白いラインがレーザーで描かれている。

アームレスト(センターコンソール)にも、ジャッキー・イクスのサインがエンボス加工されている。

「ベルギーレジェンドエディション」は、ジャッキー・イクスが75歳の誕生日を迎えたことを記念して、75台のみ限定生産されており、ベルギーだけで販売されている。

 

ポルシェのスーパーカー、フォーミュラ1のエンジンを搭載か

Porsche 917 Living Legend コンセプトカー

Porsche 917 Living Legend コンセプトカー

ポルシェは、フォーミュラ1のエンジンが搭載されたスーパーカーを開発している。そのプロジェクトはまだ公式に発表されていないが、2021年のF1のために開発を予定したV型6気筒エンジンを搭載したハイブリッドスポーツカーであると言われている。

ポルシェは、数年のうちにハイスピードでパワフルな全固体電池を搭載した電気スーパカーを市場に出すことを計画していた。しかし、全固体電池の技術開発は困難を極め、プロジェクトの遅延が示唆されている。

この電気スポーツカーが発売される前に、新たなスポーツカーの販売を計画していると予想される。

また、2021年のF1参加を目標に開発していたエンジンについて、1年以上かけて開発を行い完成させたものの、エンジン以外の開発が困難であることを理由に、フォーミュラ1への不参加を決定。代わりに2019年よりフォーミュラEへ参加している。

せっかく開発されたフォーミュラ1のエンジンは、フォーミュラ1の舞台で使用されることはなくなったが、新しいスーパーカーに採用される可能性がある。

ポルシェの新しいスーパーカーは、MercedesのハイブリッドスーパーカーMercedes AMG ONEをライバルと見做している。同車種は同じくフォーミュラ1のエンジンを搭載しており、来年の販売開始を予定しているため、ポルシェもこれに対抗し開発を急ピッチで進めていると言われている。

ポルシェのエンジニアは、プロジェクトはニュルブルクリンクサーキットで6分30秒ラップタイムを目指している。つまり、新しいスーパーカーは、ポルシェ919ハイブリッドエボ5分19秒とポルシェ918スパイダー6分57秒の間の記録となるだろう。

最後のポルシェ911、991シリーズ出荷

スポーツカーのパイオニア、そしてベストセラーであるポルシェ911の中でも991シリーズは最も人気があり、これまでに233,540台が販売されたが、この度911スピードスターが出荷されたのを最後に生産を終了する。

ポルシェAGの最高研究開発責任者であるマイケルシュタイナーは次のようにコメントしている。「ポルシェは伝統と革新の両方を目指しています。 ブランドの中核である911ほどこの精神を明確に反映しているモデルはありません。911は1963年に356に変わって人気を博し、その後の数十年で、比類のないスポーツカーアイコンに成長しました。 特に991シリーズは、性能、運転性、効率の点で新しい基準となりました。 991シリーズの引退は名残惜しくもありますが、次の世代へ進んでいくための一歩でもあります。 また私個人にとっても、991シリーズは本当に大切なモデルでした。」

991シリーズは、911の歴史の中でも最大の開発ステップとして2011年に発売された。すべてのコンポーネントの90%が新しく設計された。 革新的なアルミニウムとスチールの複合材料で作られた軽量ボディのおかげで、旧型モデルより極めて軽くなった。 旧モデルより100ミリメートル長いホイールベース、シャーシには新しいオプションのロール安定化システム(ポルシェダイナミックシャーシコントロール(PDCC))を装備し、走行力学のベンチマークを確立した。

 

NewポルシェマカンGTS

NewマカンGTSは、強力なエンジン、パフォーマンス指向のシャーシ、特徴的なデザインを完備している。

新たなツインターボエンジンは、排気量2.9リッター、6気筒、最高出力280kW(380PS)で、旧エンジンより出力は15kW(20PS)上昇した。スポーツクロノパッケージ装着時、4.7秒で100㎞/hまで加速でき、旧型モデルより0.3秒早い。最高速度は261㎞/h。エンジンの最大トルクは1,750から5,000rpmの回転域で520Nm(20Nmに上昇)。燃料消費率(NEDCスタンダード)9.6l/100kmとなっている。

ポルシェのコンパクトなSUVモデルラインの新しいメンバーは、「グランツーリスモスポーツ」の略でGTSと呼ばれる。

シャーシをさらに10ミリメートル下げると、オプションでアダプティブエアサスペンションを採用できる。 標準の20インチRS Spyder Designホイールと巨大なサイズの鋳鉄製ブレーキ(フロントで360 x 36ミリ、リアで330 x 22ミリ)を組み合わせた新しいマカンGTSは、真のスポーツカーの敏捷性を印象付ける自動車だ。ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)とポルシェセラミックコンポジットブレーキ (PCCB)などがオプションとして選択できる。

黒がアクセントになったユニークなデザイン

NewマカンGTSは、スポーツカーらしさが強調されたデザインとなっている。 標準パッケージは、新しいフロントおよびリアトリムと印象的なサイドスカートを備えており、フロントエプロンとフロントセクションは、黒がアクセントとなっている。これは、すべてのポルシェGTSモデルのユニークな特徴である。 ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を備えたLEDヘッドライトと、LEDライトバーを備えた3次元リアライトも黒に統一されている。

サテングロスブラックの20インチRS Spyder Designホイール、レッドブレーキキャリパー、ハイグロスブラックのトリムストリップは、スポーティなデザインをよりシックで洗練されたものにしている。車体の後部は標準スポーツ排気システムのディフューザーとテールパイプがブラックで塗装されている。

マカンGTSモデルだけに搭載されるプレミアムマテリアル専用のスポーツシート

シートセンターパネルのアルカンターラ®、センターコンソールアームレスト、ドアパネル、ブラッシュドアルミなどの高品質な素材により、マカンGTSのスポーティでエレガントな特性をインテリアで見ることができる。 スムーズレザーとシフトパドルのステアリングホイールリムを備えた多機能スポーツステアリングホイールは、GTS専用のスポーツシートと同様に標準装備されている。オプションのアルカンターラ®機能とカラーアクセントを備えたカーマインレッドまたはクレヨンのGTS革張り、BOSE®サラウンドサウンドシステム、ワイヤレス充電機能を備えた新しいスマートフォントレイは、多くのパーソナライズオプションの一つ。 トラフィックジャムアシスト、リアビューカメラやサラウンドビューなどのパークアシスト、加熱フロントガラス、イオナイザーなどの適応型クルーズコントロールもオプションで安全性と快適性を向上させる。

出所:「newsroom The Media Portal by Porsche」https://newsroom.porsche.com/

※弊社(株式会社トランスコンチネンタルオートモービル)も、マカンGTSを取り扱っております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

新型の911「タイプ992」スポーツクラシックが目撃される

911の愛好者に向けて作成中の新モデル「992」のプロトタイプが目撃されている。過去の有名な911モデルのいくつか、特に1973年で生産したカレラRSモデルを模倣した仕様となっている。

ポルシェは、911スポーツクラシックを発売、2009年に新世代911カレラモデルに「タイプ997」を採用したことがある。「タイプ997」には、拡張されたリアウィングと独特のダックテール、1970年代のデザインのホイール、カスタムポルシェエクスクルーシブインテリア、低いサスペンション、6速「マニュアルトランスミッション」が搭載された。

250台の911 スポーツクラシック「タイプ997」は発売からわずか48時間以内に完売した。

ケイマンGT4ホッケンハイムリンクで最速ラップタイム

2019年11月、世界的に有名な自動車雑誌「SportAuto」は、今年発売されたばかりのポルシェcモデルケイマンGT4をホッケンハイムリンクで走行した。

ケイマンGT4モデルには、4.0リッター6気筒の水平対向自然吸気ミッドシップエンジンが搭載されており、エンジンの最高出力は420hpであり、他のスポーツカーと比べて優れているとはいえない。

しかし、今回もポルシェのエンジニアはその実力を全世界に見せつけた。マニュアルトランスミッションが搭載されたケイマンGT4のラップタイムは1分55秒と、驚異的な結果を出したのである。このタイムは、エンジンの最高出力が725hpのアストンマーティンDBS スーパーレッジェーラにはわずか0.4秒だけ届かず、ポルシェの911モデルと比較しても、セミオートマチックを搭載している911カレラGTS(タイプ991)にはあと1秒の差であった。エンジンの最高出力が決して大きくないケイマンGT4が、素晴らしいラップタイムを叩き出したことは同誌でも非常に高く評価された。

 

※弊社(株式会社トランスコンチネンタルオートモービル)も、ケイマンGT4を取り扱っております。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ポルシェ911のためのカーボンホイールを提供開始

カーボンホイールは、多くのスーパーカー(BAC Mono、Koenigsegg、Ford GT、Shelby GT350R Mustang)に標準装備として搭載されたてきた。だがポルシェは、さらに独自の技術を開発した。

カーボンファイバーとプラスチックの混合素材で作られたホイールは軽合金製ホイールより8.5kg軽く、耐久性は20%高い。生産時、ひとつのホイールにつき18 kmのカーボンファイバーが消費される。ホイールは2つの部分で構成されており、中心部はカーボンファイバーの生地をレーザーで200個の断片にカットし組み立てたもの、外縁部はカーボン糸から織られている。その後、全体に接着用の樹脂が注入され、高圧でプレスした後、高温で焼かれる。

ポルシェによるとこの技術は非常に複雑なプロセスであり、世界最大の炭素繊維製織機械で生産している(直径約9メートル)。ホイールは2つのサイズで生産され(フロントは9 J x 20、リアは11.5 J x 20)、ポルシェ911カレラターボと911カレラターボSモデルに搭載できる。

弊社も、ポルシェの炭素繊維製織技術を使用したカーボンホイールを取り扱っております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。